ともたより
とも企画設計からの発信
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。
ゆたか診療所移転新築 -地域の期待に応えて
 9月1日、ゆたか診療所(品川区)の移転新築計画を地域にお披露目するビアパーティが行われました。
 朝から大粒の雨が降ったり止んだりする天気で夕方からの開催が心配でしたが、開催直後からは天気が良くなり、約100人の方々が建設敷地に集まり、大盛況となりました。
 60年余の歴史を持つゆたか診療所。地域の方々に支えられてきた様子が伝わってきました。
d0141481_1755468.jpg

 最後には雨上がりの虹がきれいにかかり祝ってくれているようでした。
  (写真は城南保健生協の植田栄一さんから提供いただきました)         (高)
d0141481_176639.jpg

[PR]
# by tomotayori | 2012-09-03 17:06 | 医療
えのき薬局祝賀会
 2012年3月に東京都武蔵村山市に開設したえのき薬局の開局祝賀会が8月4日に行われました。
 子育て世帯から高齢者まで丁寧に薬の説明をされていること、来客数も順調に増えていることなど薬局の皆さんの活躍ぶりが伝わってきました。
 
 薬局には声楽を学ぶ学生さんが働いているとのことで、この日は数曲を披露してくださいました。感激・・・
 「山小屋風」の薬局は木の優しさが伝わってきます。      (高)

d0141481_16202042.jpg
d0141481_1626345.jpg

d0141481_16262855.jpg
d0141481_16271315.jpg
[PR]
# by tomotayori | 2012-08-08 17:34 | 医療
東京自治研集会2012に参加・発表
d0141481_1429291.jpg

d0141481_14293962.jpg

7月8日に第9回東京地方自治研究集会「今こそ、憲法をいかし、いのちと暮らしを守る東京を」に参加しました。
今年から「とも企画設計」として実行委員会参加団体に入り、3月から「高齢者・介護保険」「保育・子育て」分科会の準備をしてきました。

当日は「高齢者・介護保険」分科会で、「とも」が経験してきた住宅耐震診断・改修の実態と都の制度に対する課題改善点を報告しました。
[PR]
# by tomotayori | 2012-07-10 12:14 | スタッフ所感
「非営利・協同」を学び直す
d0141481_11572563.jpg

d0141481_11574055.jpg


 8月11日、久しぶりに学習交流会を行いました。
 とも企画設計の設立準備時期に坂根利幸先生に「非営利・協同」の話を聞き、4年間意識しながら取り組んできたつもりですが、実践を確かめたい気持ちがありました。また新しく参加した人たちにとっては初めて聞く話になります。

 坂根先生は会計士の仕事を通じて30年間「非営利・協同」の探求をされてきました。「非営利・協同」を研究する研究所「いのちとくらし」にも創立から深く関わり実践されてきています。

 「『非営利』と『協同』の間に『・』」があることに意味がある」
 「『非営利』は「否営利」ではない。お金がなくて事業が成り立たないようではいけない」
 「『協同』にはまだ教科書がない」
 「協同とは連帯、民主主義、情報公開、多数決原理と少数意見の配慮、タイムリーな情報発信、民主的管理運営、組織の会計の民主化、剰余金の配分原理の模索、役員の任期と報酬のあり方、出資配当の限界と規制、地域社会やコミュニティとの協同、などが実践の中での論点」
 
 ヨーロッパの労働協同の話など、興味深い話が続き、短時間では聞き足りない学習会でした。

 最後に「NHK『ダーウィンが来た』を見ているけど、動物の世界は『非営利・協同』だとつくづく思うね」という話が印象的でした。

 坂根先生の書籍や原稿は多くあります。
 下記「いのちとくらし」発行の各種ブックレットが分かりやすいと思いますのでご案内します。(高)

【関連リンク】
非営利・協同総合研究所いのちとくらし

[PR]
# by tomotayori | 2011-09-22 11:47 | スタッフ所感
上映会「さようならUR」に監督さんをおよびして
映画「さようならUR」をご存じでしょうか。
東京都日野市にあるUR高幡台団地の建て替え問題を、ずっと取材してきた早川由美子監督の最新作です。

6月20日(月)、私たちの事務所で早川監督にも来ていただき「さようならUR」の上映会とディスカッションを行いました。

その様子を、早川監督がブログにまとめてくださっています。

当日は海岸通り団地の方々も映画を見に来られました。いまUR団地で何が起こっているのか、監督のブログをご覧ください。  (高)

【関連リンク】
早川由美子監督ブログ

[PR]
# by tomotayori | 2011-07-14 15:27 | まちづくり
渋谷区耐震相談会
東日本大震災で被災されたみなさまにお見舞い申し上げます

東京でも液状化や家屋倒壊が起こり、余震も多いので住宅やビルに不安をお持ちの方から相談を受けるケースが多くなっています。

私たちの事務所は、渋谷区の木造住宅耐震コンサルタントとして耐震診断、耐震改修を設計を行っています。
事務所でもご相談をお受けいたしますが、渋谷区主催の相談会がありますので、ご案内します。
気になる方は、相談会をご活用ください。
d0141481_1561147.jpg

[PR]
# by tomotayori | 2011-04-22 15:06 | 住宅
「現代と保育」79号-トイレと保育のいい関係
d0141481_1224262.jpg


「現代と保育」(ひとなる書房)の79号が発行されました。
今回の連載はトイレ。
保育の考え方でトイレのつくりも色々です。
今回、2つの保育園を取材させてもらい、子どもたちにとってトイレは気持ちいいと感じられるものであることが基本なのだと思いました。

東日本大震災には本当に胸が詰まる思いです。
被災地では、ライフラインが機能していないところが多く、トイレも使えないと報道されています。
健康、強いては生命に大きな影響のあるトイレ。震災からあらためて感じたことです。

「現代と保育」の連載は今号で最終回です。
読者の皆様、取材させていただいた関係者の皆様、そして「書けない」と悩む私たちを励ましてくれた、ひとなる書房の皆様ありがとうございました。  (高)
[PR]
# by tomotayori | 2011-04-14 12:23 | 子ども
あおぞら谷津保育園 旧園舎お別れ会
d0141481_17581216.jpg

 12月11日あおぞら谷津保育園の旧園舎お別れ会に参加しました。
 卒園児や父母、旧職員、近所の方など、大勢の人が集まりました。
 同窓会のような楽しさと、長い間親しまれた園舎とのお別れの悲しさが混在する中で、語られるエピソードのひとつひとつに泣いたり笑ったり。
 心温まる二時間でした。  (村)
[PR]
# by tomotayori | 2010-12-20 17:56 | 子ども
「現代と保育」78号-病児・病後児保育
d0141481_1930890.jpg

「現代と保育」78号が発行されました。
今回の連載は病児・病後児保育がテーマです。

日本では、働くことと子育ては各人の努力に任されています。
知人たちも苦労をしながら子育てをしてきました。

病後児保育に10年の経験を持つあおぞら第二保育園(横浜市)を取材させていただきました。
病後児保育では普段は見られない、子どもと親、子どもと保育士、子ども同士の関係があると知りました。
とても興味深い内容になっています。
[PR]
# by tomotayori | 2010-11-24 18:05 | 子ども
「めで鯛」で工事を安全に -ポッポのもり保育園本園・国分寺市
d0141481_1614960.jpg

 2010年10月30日、社会福祉法人つくしんぼ共同保育会の新保育園地鎮祭に参加しました。
 いただいたお菓子は「めで鯛」最中(もなか)。
 かわいらしい姿に思わず写真を撮りました。
 3月までの工事の安全を祈りつつ。   (村)
[PR]
# by tomotayori | 2010-11-01 16:15 | 子ども
<>